インプラント治療の成功と秘訣

インプラントのアフターフォローとメンテナンス

インプラント治療が終了すると専門医による定期的なメンテナンスが必要です。
インプラントは人工の歯ですので虫歯になることはありません。
治療が終わるとしっかり噛める歯が手に入りますが、
人工だから、といって放置していると「インプラント炎症」を起こすことがあります。
インプラント炎症を起こしてしまうと、埋め込んでいる歯ぐきや骨は歯周病になってしまい、
せっかく入れたインプラントも失ってしまうことになります。
このインプラント炎症を予防するためにも、「食べたらすぐ歯を磨く」ということを心がけましょう。
長期にわたってインプラントの機能を最大限に生かせるかどうかはあなた次第です。

インプラントを長持ちさせるには?

それは、歯科医師や歯科衛生士に指導されたご自分で行うブラッシング法と
定期的に行う医院での噛み合わせのチェックを怠らないことです。
個人差ももちろんありますが、3ヶ月から6ヶ月をメンテナンスの目安としてください。
分からないこと等があれば、ひとりで悩まずにご相談ください。

メンテナンスってどんなことするの?

メンテナンスに来院されると、PMTCと噛み合わせチェックを行います。
PMTCとは、歯のクリーニングのことです。
どれだけ丁寧にブラッシングしていても、やはりご自分では取り除けない汚れというのはありますので、
歯科医師や歯科衛生士によって虫歯の原因となる細菌や歯石を綺麗に除去します。
これは予防歯科でも行われている方法ですのでご安心ください。
もちろん、痛みなどはありませんのでリラックスして検診を受けていただくことが出来ます。
お口の中がさっぱりして、とても気持ちが良いといわれています。
PMTCに加え、噛み合わせのバランスチェックも同時にさせて頂いております。

インプラント治療の成功と秘訣

お問い合わせ、ご予約はメールにて